腰痛になるのはなぜ?腰痛の原因を知っておく事が大事

腰に負担をかけると痛みが出てくる

腰痛は、名前の通り腰が痛くなるものでひどくなると寝ているだけでも傷みが出てきます。腰痛は腰に負担をかけ過ぎてしまうと起こるものなので、誰でも腰痛になる危険性があります。例えば重い荷物を持つ事が多い場合や日頃から腰を激しく動かしていると腰に負担をかけます。特に仕事で荷物を持つ事が多い人は、常に腰に負担がかかっている状態なので注意が必要です。そこで、腰に負担をかけている人は、定期的にマッサージをして腰の疲労を回復させます。

また、筋肉があまり付いていない人は、重たい物を持った時に筋肉で上手く支える事が出来ずに余計に腰に負担をかける事になります。自分の筋肉を強化していく事も大事ですよね。

体が歪んでくると腰痛を引き起こす

腰痛が引き起こされる原因としては、体の歪みがあります。日頃の姿勢が悪い場合は、次第に体が歪んでしまいバランスが崩れてしまいます。すると上手く骨盤で体を支える事が出来ずに、次第に腰に負担がかかり痛みが出てくるというわけです。日頃から背筋を伸ばさないで座っていたり、体の姿勢が悪い状態で歩くと体の歪みが出てくるので、常に自分の姿勢に意識を持って、正しい姿勢を心がけます。特に猫背の人は既に体が歪んでいる可能性があり、一度病院で検査してもらいます。

すぐに体が歪んでくるわけではなくて、長い年月をかけて歪みます。つまり、本人の気付かないうちに次第に歪んでくるので、心配な人は定期的に専門病院に行って検査してもらうのが適切な判断です。

腰痛は放置すると心身に大きな悪影響をもたらします。不快な腰痛を注射で緩和するのは体にかかる負担を減らす効果がありますが、一時的に痛みを抑えるだけなので注意が必要です。