もう間に合わない?!シミの対策と改善方法

シミの敵!紫外線から肌を守ろう!

シミのできる原因のひとつに紫外線があります。夏になると日傘をさしたり、日焼け止めを塗ったりと対策している人もいるでしょう。ですが、紫外線量は5月から7月が1番多いといわれており、真夏に対策をし始めた時にはシミの予備軍となるメラニンができあがってしまいます。春、特にゴールデンウィークは気温的にも外で過ごしやすい時期です。まだ暑くないからと油断をするとすぐに手遅れになってしまいます。早い時期からしっかりとした対策を心がけることが大事です。

シミができたら諦める?

シミの予備軍ができるとすべてシミになってしまうのでしょうか。日焼けをしても肌のターンオーバーが正常ならシミの予備軍は外へと排出されます。ターンオーバーとは肌の表皮の新陳代謝のことです。正常な状態だとおよそ28日周期で肌の細胞が生まれ変わります。しかし、加齢やストレス、睡眠不足などでターンオーバーの周期が乱れてしまうと外へ出られなかったメラニンが残ってシミとなってしまいます。できれば消してしまいたい、そう思いながらファンデーションやコンシーラーで隠している人も少なくないでしょう。シミができてしまったら諦めるしかないのでしょうか。

体の外からも中からも改善を!

できてしまったシミの改善対策に美白効果のある化粧品があります。種類も豊富にあるため、肌に合うものがあれば効果も期待できます。さらに体の中からもシミ対策をするために良い栄養素があります。ビタミンAとビタミンCです。ビタミンAには新陳代謝を良くする働きがあります。にんじんやホウレン草などの緑黄色野菜に豊富に含まれています。レモンが代表的なビタミンCと一緒に毎日の食事に取り入れられれば、シミも薄くなっていくかもしれません。

シミは、長時間にわたる紫外線の照射や加齢などにより、肌にメラニン色素が蓄積することで次第に目立つようになります。