パッチリ二重になれる!二重形成術をチェックしよう

メスを使わない埋没法

一重まぶたや奥二重がコンプレックスという人も少なくありません。このような目元のコンプレックスは、二重形成術で解消できます。美容整形で二重まぶたにする場合、埋没法か切開法か施術法を選ぶことになります。埋没法はメスを使わない、いわゆるプチ整形の1つです。医療用の糸でまぶたを固定して、二重のラインを作ります。顔にメスを入れない手軽さから人気の高い施術法です。埋没法の場合、ナチュラルな仕上がりになると言われています。費用は5万円から10万円程度が平均的です。美容整形としてはリーズナブルな費用なので、若い人でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。ただ、まぶたの脂肪が厚い人の場合、糸が外れてしまい元の状態に戻る確率が高いです。その場合はメスを使う切開法を選んだ方が良いでしょう。

クッキリしたラインを作れる切開法

切開法はまぶたをメスで切開し、余分な脂肪や皮膚を取り除いてから縫合することで、二重のラインを作るという二重形成術です。メスを使う美容整形ですので、1度施術を受けたら効果は半永久的に続きます。まぶたが厚い人でもクッキリとした二重のラインを作れるのが魅力です。また目頭から目尻までラインがキープする必要がある、平行二重を作るのにも向いています。埋没法だと二重のラインが取れてしまうという場合も、切開法であればキレイなラインをずっと維持できます。費用の相場は両目で約20万円から30万円程度です。埋没法と比べると相場は高くなりますが、医療ローンを組んで支払えるクリニックもあるので上手く活用すれば、それほど負担は無いでしょう。

フォトフェイシャルとは、様々な波長のIPL(Intense Pulsed Light)という光をお肌に照射することで、しみやくすみ、毛穴の広がり、小じわなどお肌の様々なトラブルを改善してくれる美容施術のことです。