歯をきれいにしたいなら!審美歯科に任せよう!

歯のコンプレックスは解消できる

黄ばんでいたり並びが悪かったりなど、自身の歯の見た目がコンプレックスな方もいるでしょう。そのときは、審美歯科のドクターに診察してもらえば、ベストな解消方法を教えてくれます。歯をきれいにするための技術は進化しているので、できる限り負担のない形で、満足できる見た目を叶えてくれます。

黄ばみがあるなら白くしてもらおう

歯に黄ばみがある方は、ホワイトニングを受けることを考えるかもしれません。確かに、それがもっともスタンダードな方法ですが、現在ではほかにもいろいろな方法があるので、そちらの利用も考えてみましょう。例えば、セレック治療やラミネートべニアなどもあるため、ホワイトニングとは違った施術方法で歯を白くしてもらえます。

歯並びが悪いなら矯正してもらおう

歯並びの悪さを治す矯正治療は、昔のイメージとはまったく異なった方法が用意されています。昔の方法といえば、歯の表面にワイヤーをつけて行うものだったので、それなりに目立ちました。しかし、現在では歯の裏側にワイヤーをつける方法や1日に決まった時間だけマウスピースを装着する方法など、目立たない矯正も増えてきています。もちろん、昔ながらのワイヤー矯正も受けられるので、予算や治療期間を考えて最適なものを選びましょう。

迷っているならドクターからアドバイスを受けよう

歯のコンプレックスを治すためには、それなりの期間と費用がかかるため、簡単に決心できるものではありません。もしも、迷っているのなら、とりあえずでも審美歯科のドクターに診てもらいましょう。クリニックを訪れて、受けるかどうか迷っていることを伝えれば、歯の状態に合った最適なアドバイスをもらえます。その日のうちから、治療が始まることはないので、アドバイスを聞いて家に帰って、じっくりと考えられます。

セレックは歯の審美治療に使われており、患部の型取りを3D光学カメラで素早く行い作業を完了させることが出来ます。撮影したデータを読み込み、コンピュータ上で修復物の設計と製作までを行えるシステムです。